妊娠線クリームを買う前に! 妊娠線予防クリームランキング.com

MENU

妊娠線予防クリームの成分って何が良い?

子どもを妊娠した時にお母さんが悩まされるものとして、妊娠線があります。妊娠線というのは、簡単に言うと、お腹の肉割れでできる線のことです。赤ちゃんが大きくなるにつれて、お腹が大きくなり皮膚が急激に伸びていきます。この時、肌の表面の表皮は伸びやすいのですが、真皮や皮下組織は腹の大きさに合わせて伸びていきません。それで、亀裂が生じることで妊娠線ができます。妊娠線は一度出来てしまうと消えないと言われています。ですから、妊娠線予防クリームで保湿をして予防する事が大事です。
妊娠線予防クリームを購入する時は、気をつけないといけない事があります。それは、配合されている成分に注意することです。妊娠中というのは、平時と比べて、お肌は敏感になっています。ですから、配合されている成分によって、かぶれたり、赤味やかゆみなどの皮膚トラブルを起こす恐れがあります。ですから、初めて使用する妊娠線予防クリームならば、まずは自分の肌に合うかどうか確認したほうがいいです。また妊娠中は、お肌だけでなく、臭いにも敏感になっています。ですから、配合されている成分で自分の苦手なものはないか、香りのチェックも忘れずに行ったほうが良いです。
それと、妊娠線予防クリームの中には胎児に影響を与えてしまう成分が含まれていることもあります。例えば、トルエン、ハイドロキノン、パラベン、サリチル酸などです。これらは影響は低いと考えられていますが、発育に影響を及ぼす可能性がないわけではありません。気をつけたほうが良いです。