妊娠線クリームを買う前に! 妊娠線予防クリームランキング.com

MENU

おすすめ妊娠線予防クリームって?

赤ちゃんができると嬉しい反面、自分の体の変化に戸惑う人も多いと思います。
特に妊娠5か月を過ぎるとお腹がどんどん出てくるため、皮膚が急激に伸びることで皮下組織や真皮の一部がその伸びについていかず、亀裂が生じ赤紫色の線状斑ができてしまいます。
これを妊娠線といい、一度できると消えないと言われています。
妊娠線は作らないことが大切です。
そのためには妊娠線予防クリームを使って、しっかりケアしていきましょう。
妊娠線を作らないためにはまずは保湿が第一です。
そのため妊娠線予防クリームは保湿力の高い成分が配合されているものがおすすめです。
保湿力の高いスクワランやヒアルロン酸、ホホバオイルなどが配合された妊娠線予防クリームをお風呂上がりやかゆみを感じた時にたっぷりと使いましょう。
また妊娠線はお腹だけではなく、乳房にもできることがあります。
授乳中は赤ちゃんの口をつける場所なので、妊娠線予防クリームをつけないという人もいますが、妊娠線ができて後悔することになります。
産後の乳房マッサージには妊娠線予防クリームではなく、自然食品のオリーブオイルを使うこともおすすめです。
また産後はお腹が伸びてしまい、そのままにしておくとたるんだままになってしまいます。
産後には妊娠線予防クリームは保湿成分に加え、引き締め効果のあるクリームもおすすめです。
妊娠線は皮膚の表面ではなく、真皮が断裂することで生じるため、できるだけ真皮にまで浸透する妊娠せん予防クリームを使用することが大切です。