妊娠線クリームを買う前に! 妊娠線予防クリームランキング.com

MENU

夏のベタつく季節に妊娠線予防クリームどれがいい?

赤ちゃんができてお腹が大きくなってくると、心配になるのが妊娠線です。赤ちゃんが大きくなるにつれて、お腹も大きくなることで、皮膚はどんどんと伸びていきます。外側にある皮膚は伸びやすいのですが、皮膚の内側にある真皮や皮膚組織は伸びにくい性質があるため、大きくなっていくお腹についていけずに、亀裂が入ってしまうのです。その亀裂を妊娠線と呼び、最初は赤紫色をしていますが、時間の経過とともに白っぽくなっていき、一度できると消えないと言われています。お腹だけでなく、胸や太もも、お尻など、妊娠をすると脂肪がつきやすい場所にも妊娠線ができやすいので、妊娠後もきれいな体を保てるように、しっかりと予防しましょう。この妊娠線を防ぐには、妊娠線予防クリームを使ってのマッサージが効果的とされています。乾燥肌や太りやすい方は、妊娠線ができやすいので、保湿効果の高い妊娠線予防クリームを使うと良いですね。妊娠線予防クリームは、高価なものもあるので、使う時に少量にしてしまいがちですが、たっぷり使うことでスムーズなマッサージが行え、保湿効果も高めることになるので、惜しまずに使うようにしましょう。夏に使う場合はべたつきが気になったり、乾燥していないだろうと思いがちですが、夏でもしっかりとマッサージを行うことが大切です。夏には、べたつきがなく塗り心地の良い妊娠線予防クリームを使用すると良いですね。妊娠後も皮膚がたるんでいることで妊娠線が出来やすいので、体が元に戻るまではマッサージを続けるようにしましょう。