妊娠線クリームを買う前に! 妊娠線予防クリームランキング.com

MENU

一日何回妊娠線予防クリームを塗るのが正解?

子どもを妊娠したお母さんが悩まされるものとして、妊娠線が挙げられます。妊娠線というのは、腹部に何本もできる細い線のことです。そもそも妊娠すると、赤ちゃんの成長とともに腹部が大きくなっていきます。急激なお腹の成長で肌の表皮は伸びていきますが、肌内部の真皮や皮下組織の一部は伸びにくいです。そのため、お腹の大きさについていけず、亀裂が生じることで妊娠線はできてしまいます。妊娠線は、お腹周りにしかできないと勘違いされている方が多いです。しかし、お尻、胸、また妊娠中の急激な体重増加によって太ももにもできることがあります。
このような妊娠線の対策として、妊娠線予防クリームでの毎日の保湿が欠かせません。保湿をすることで皮膚の活性化につながり、予防する事ができます。妊娠中というのは、平時よりもホルモンの関係上、お肌が乾燥しやすくなります。ですから、一日に何回もこまめに塗る事が大切になります。たとえば、朝起きた時やお昼前、夕食前など気がついた時に一日に何回も、妊娠線予防クリームを塗ると効果的です。特に念入りに妊娠線予防クリームを塗ったほうが良いのは、お風呂上りです。 お風呂上りは最も肌が乾燥した状態なので、保湿をしっかりしてください。
塗る時のコツは、手の平にクリームを乗せて温めます。そして、温めた状態のクリームを優しく塗っていきます。お腹を押したり、たたいたりするのはやめた方が良いです。一日に何回もこまめに塗るようにして、妊娠線を防いでください。