妊娠線クリームを買う前に! 妊娠線予防クリームランキング.com

MENU

妊娠線ができる原因はなぜ?

妊娠線は、なぜ出来るのでしょうか?妊娠線は、妊婦のおよそ半数に現れると言われています。個人差はありますが、安定期に入りお腹が大きくなり始める妊娠5ヶ月頃から現れはじめ、出産の1〜2週間前頃がもっとも出来やすいそうです。
妊娠線がなぜ出来るのか、主な原因は、2つあります。
1つ目の原因は、体重増加による皮膚の急激な伸びのためです。妊娠中は、体重も増加し、お腹はもちろん、バストやヒップも大きくなります。皮膚の表面は、一緒に伸びる事が出来ますが、その下にある真皮や真皮組織の一部であるコラーゲン、弾性繊維は急激な伸びについていけないため、皮膚表面下のコラーゲンなどの組織に断裂が起こり、赤紫色の線状斑が現れるのです。これが、妊娠線です。
2つ目の原因は、妊娠中のホルモンの影響です。妊娠中は、コルチコステロイドというホルモンの分泌が増加します。このホルモンは、肌の弾力を失わせる働きがあります。通常、皮膚はターンオーバーを繰り返していますが、コルチコステロイドの影響でターンオーバーが抑制されて、コラーゲンの生成まで抑制されてしまいます。そのため、弾力を失った肌は弱くなり、いつも以上に皮膚組織の断裂が起こりやすくなってしまうのです。
このように妊娠線がなぜ出来るのかきちんと理解すれば、妊娠線を防ぐために、急激に体重増加しないように気をつけて生活する事と、肌の弾力を保つために、保湿ケアをしっかりする事が大事だということが、おわかりいただけると思います。